2010年02月04日

学力テスト抽出率にばらつき 対象外でも自主参加可能(産経新聞)

 全員対象から抽出方式になる全国学力テスト。抽出率は32%(小学校25%、中学校44%)だが、抽出対象外の学校も自主参加(希望利用)ができ、富山県のように全校が参加予定の自治体もある。

 抽出率は、都道府県別で東京(17・3%)など10%台がある一方、高知(57・6%)のように50%以上もあり差がある。統計処理上、母数にあたる学校数が多い所は抽出率が下がるほか、統計精度を上げるため昨年の学力テスト結果を参考に学力のばらつきが大きい都道府県はサンプル数を多くしたためだという。

 抽出対象外の学校も自主的に参加することができ、問題用紙は文部科学省から配布される。ただ採点などは学校に任される。

 各教育委員会は希望利用校をまとめているが、富山は15市町村の全公立小中学校が参加予定。東京はこれまでに市区町村の8割弱、学校数で半数ほどが参加予定で増える可能性があるという。また鳥取のように抽出から漏れた学校の採点や集計などの費用を県が負担する例もある。

 ■全国学力テストの都道府県別抽出率(%)

北海道24.7  青 森35.5

岩 手39.0  宮 城40.0

秋 田43.8  山 形34.5

福 島28.6  茨 城30.8

栃 木33.0  群 馬27.8

埼 玉18.4  千 葉24.1

東 京17.3  神奈川23.5

新 潟31.2  富 山38.8

石 川40.7  福 井36.2

山 梨45.3  長 野21.6

岐 阜25.1  静 岡22.0

愛 知14.9  三 重36.2

滋 賀51.2  京 都41.4

大 阪18.9  兵 庫26.4

奈 良52.5  和歌山52.3

鳥 取48.1  島 根45.1

岡 山37.5  広 島32.7

山 口37.4  徳 島51.9

香 川55.2  愛 媛37.7

高 知57.6  福 岡27.0

佐 賀52.3  長 崎43.8

熊 本31.6  大 分49.3

宮 崎48.0  鹿児島37.3

沖 縄45.2

(公立小中計)

【関連記事】
事業仕分け 体力テストも「全員参加」から「抽出化」 弊害も
学力テストで鳥取知事、抽出方式を批判 「確認手段なくなる」
携帯電話で学力低下、教育現場での功罪
橋下流2年 試行錯誤の学力対策、現場とズレも
女子中生の3割「運動しない」 子供の運動、二極化 文科省調査

<自民党>比例公認「70歳定年制」厳守 党内意見を考慮(毎日新聞)
<さっぽろ雪まつり>大氷像「イオラニ宮殿」が完成(毎日新聞)
周産期医療体制整備指針改正を通知―厚労省(医療介護CBニュース)
脅迫容疑で元社員逮捕=外装社長に「殺す」電話−警視庁(時事通信)
遺伝子型で製剤投与立証=カルテない女性和解、肝炎訴訟−新潟(時事通信)
posted by ハツトリ セイジ at 19:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。